天王寺 風俗エステ

天王寺ゆかりの武将、真田幸村も風俗がお好き?【その②】

天王寺ゆかりの武将、真田幸村も風俗がお好き?【その①】からのつづき

薄田兼相のその後

冬の陣は真田信繁の真田丸での奮戦によって和睦が結ばれるが、その5ヶ月後には大坂城は堀を全て埋め尽くされた状態で再び大坂夏の陣が始まる。籠城は不可能と判断されたため、豊臣軍は城の南方から正面切って戦うしかなかった。

この時、兼相は後藤又兵衛、明石全登、木村重成らと共に先陣として出陣していたが、兼相は濃霧によって進軍が遅れてしまい、結果として8時間の遅延の後に彼が到着した頃には第一陣の又兵衛が戦死してしまっていた。

兼相は前回の遊郭(風俗に通っていた)事件の汚名を返上するために奮戦し、幕府軍は徐々に押し返していき、兼相は折れた刀を棄てて槍に武器を持ち替え、槍が折れたら剣に持ち替えて、次々と敵兵を斬り伏せていく。

そこに川村新八という男が現れて馬上の兼相を倒そうとし、兼相は新八の攻撃をよけて反撃しましたが、兜によって刀がはじかれてしまう。

兼相に組み付いて馬から振り落とそうとする新八。そこに同じく水野配下の中川島之介が兼相の馬を槍で突いたので、馬がのけぞって兼相は馬から落ちてしまうが、兼相はそれでも体勢を崩さずに新八と島之介の2人を押し倒す。しかし状況を見かねた勝成の小姓・寺島助九郎に足を切り落とされ、体勢を崩した兼相はその場に倒れてしまい、新八、助九郎がその隙に兼相を刺し、とどめに新八が首を討つ。

無双の剣豪らしい、壮絶な死にざまだった。

兼相の享年は不明だが、重太郎と兼相が同一人物なら50代くらいだろう。しかし、異説では23歳の若武者だったとする説もある。

薄田兼相の生涯はその殆どが講談などの民間伝承から端を発する話によって知られており、そのせいもあって彼の人物像は今一つ統一した見解が現れていない。

そもそも、岩見重太郎が架空の人物であるとの説から薄田兼相もまた実在しないとは言わないまでも、その人物像はかなり脚色されたものだと考えるべきなのか。

兼相はどちらかというと戦国武将というよりは宮本武蔵のような流れ者の剣豪を彷彿とさせるタイプの人物かもしれない。

しかし、彼の遊郭(風俗通い)事件は現代の歴史マニアも喜んでイジるところとなっているようだ。

たった1回の素行不良でそれまで築いた信頼が完全に崩れ去るというのは、いつの時代も変わらない。

そういえば、風俗によって失態をおかしてしまうといったニュースがまだ記憶に新しい。

徳島県の町立小の男性教諭A(28)が修学旅行先のホテルに風俗嬢を呼び、警察沙汰になった問題。Aは職務違反で懲戒免職となったが、意外にも「熱血先生」として周囲の信頼は厚かったという。

Aは小6の担任で、先月27日に修学旅行の引率で奈良や京都を巡り、夜は大阪市内のホテルへ。子どもたちを寝かせた後、深夜11時ごろまで他の教員らと翌日の打ち合わせをしていたという。

「子どもたちとUSJに行くための話し合いをしていました。もちろん、お酒は飲んでいません。A先生は12時ごろに子どもたちの部屋の見回りをした後、自分の部屋に戻り、すぐに風俗嬢を呼んだといいます。1時ごろから30分ほど楽しんだ後、無理やり“本番”を迫ったそうですが、女性は拒否。カンカンになって警察に相談。早朝、A先生は警察に呼び出される羽目になった」

Aが楽しんだ部屋と同じ階には男子児童らも泊まっていたというから救いがたい。Aは他の教員に知らせずに、警察署へ出頭。朝6時ごろ、部屋にいないのを不審に思った教員がAに電話し、コトが発覚した。

「A先生は今年4月に赴任したばかりで、前の学校からの評判もよかった。スポーツ好きで運動会などを仕切る体育主任も務める熱血先生でした。子どもたちからも人気だった。奥さんや幼い子どももいると聞いていたので、みなビックリしています。問題の翌日からA先生は『体調不良』ということで引率から外しましたが、子どもたちは寂しそうでしたね」

薄田兼相を見るように、みんなの信頼を奪った“罪”は重い。

今の時代も昔の時代も、男という生き物は変わらないということだ。

話は戻るが真田昌幸も真田丸では吉野太夫という絶世の美女といわれる遊女、今の時代でいう風俗嬢とのエピソードが描かれている。

真田昌幸の実子、真田幸村も性豪だったといわれており、九度山に配流されてからはたくさんの子供をさずかったと聞くと、やることのない男がすることはいつの時代も同じだ。

天王寺の茶臼山が今では風俗遊びをする男達の憩いの場となっているのも真田幸村の望んだことだったのかもしれない。

天王寺で風俗エステなら【大阪回春性感エステオールスターズ

ページトップへ