日本橋 エステ デリヘル

中国人の爆買い終焉が日本橋のデリヘル業界でも

中国人旅行者たちによる「爆買い」が終了。

最近ではそんな話を耳にするようになった。経済成長の鈍化に中国国民の財布の紐は固くなるばかりだ。

爆買いの恩恵を受けていた日本国内の百貨店や電器店業界には頭の痛い話だろうが、思わぬところにも悲惨な状況に追い込まれた業界があった。

それはデリバリーヘルス(デリヘル)やエステなどといった風俗業界だ。

最近まで爆買いの恩恵を受けていたが去年の終わりくらいから、「パタっと来なくなった。」と日本橋にあるデリヘル店もこう話す。

そもそも「爆買い」の潮目が変わったのはアベノミクスによって進んだ円安・株高が、今年に入って急速に逆回転。円高が進み、この1年で人民元は円に対して約2割も安くなったからだ。

円高に追い打ちをかけるように、中国政府が今年4月から個人への関税を強化したことも爆買いに響いている。

景気が後退している中国では国内消費を喚起しようと、海外で購入した商品を国内に持ち込む際の課税を強化した。

具体的には高級腕時計はこれまでの30%から60%に、酒や化粧品などは50%から60%に、食品は10%から15%にそれぞれ引き上げたのだ。

その結果、中国で転売することを目的に、高級時計や家電、ブランド品などを大量に購入していた「ブローカー」も姿を消した。

今も中国人観光客は日本国内に数多く滞在しているが、客単価は激減。かつてのように数万円のものをポンポン買う光景は見られなくなった。

今まで爆買いをしていた中国人による客層の変化も百貨店を直撃している。

6月20日に日本百貨店協会が発表した5月の免税品売上高は16・6%減と、2ヵ月連続で前年割れとなり、中国人観光客による「爆買い」の減速傾向が一段と鮮明になった。全国百貨店売上高も4629億円と、前年同月比で5・1%減少したと発表。3ヵ月連続のマイナスとなっている。

冒頭で述べたとおり、こういった影響は何も百貨店やか家電量販店に限ったことではない。

日本橋のデリヘル店で勤めている女のコから爆買いブームが波寄せる前までは「外国人観光客の相手をするのは怖い」といった声もあった。しかし実際に接客してみると、中国人観光客は意外と紳士的で、なにより、とにかく金払いが良いことが判明したのだ。通常なら2万円程度だったプレイ料金も、中国人相手ならその倍近くで設定しても、次から次にひっきりなしにオーダーが入った。

今では爆買いバブルの終焉を迎え、日本橋のエステ店やデリヘルといったお店なども困惑しており今後どのように盛り返していくのか。対応が急がれるのは百貨店や家電量販店だけではなかったようだ。

ちなみに大阪回春性感エステオールスターズでは日本人女性による日本人男性の為の風俗店として開業以来、方向性を変えることなく営業しており、中国人の爆買いブーム終焉による影響は微細なものだと認識している。

 

ページトップへ